スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆D4よ…私は帰ってきた!

転職したとたんものすごいハイレベル狩場に連行されて無茶狩りするっていうのは身内ではよくある話なんです。

あっという間にソロFLEE189突破。フェン95%回避。
火ダマ買ったとはいえ左手はたいしたものがない。伊豆D4しかないぜ

ちょっと数字とかいっぱい出てくるから続きに書くよ(意味不明


Lv83でしたっけね、そこから60前後に落ちたもんでそのギャップはすごかった。

159.jpg


二刀ASPD160行かないワロタ。いや間違いなくステがおかしい。ここからDEX42まで行くとかもうね。


まぁ軽く狩って見て改善点はいっぱい出てきました…ってほどでもないかな

1.SP消費
マリンスフィア取れるまで+マルク1回スティしてるとSPがまったく持たず。
それもそのはず。先代はINT2+4,MSP400台。今はINT1+2,MSP300台。回復量にして6と4。1.5倍違うわけですから。
とりあえずマルクからスティするのやめよう。

2.半漁対策
フェンでぎりぎりだってのに避けれるわけないから。
STR繰り上がりと相談してテレクリなりハエなり持って行こう。

3.回復剤
肉クリップでにく60個、いや80個だったかな。それで30分が限界。
この辺はちょっと絞殺考察してみよう。

回復剤選択において個人的に達成しておきたい条件はこの2つ。

・初期積載率50%以下で1時間持つ。
・できるだけ安く。

これに当然のごとく「NPC販売で、一度に数百個単位で購入可能」が加味されます。

まずは1時間の総被ダメを求める。
にく80個を1.5倍にして30分。にく1個の回復量は平均84程度とのこと。
84*80*1.5 = 10080。これが30分の被ダメ。
なお、伊豆4ということである程度にくの補給ができますが、クリップの付け替えミスで相殺されているということにしておきます。

つまり、1時間に20000ダメージの被弾が推測されます。

次に、積載可能量ですが、装備等を含めた所持アイテム重量は709でした。
STR50のアサシンの積載量は3900。この50%以内に収めなくてはいけないので、
3900/2 - 709 = 1241
回復剤に割ける重量は約1200ということに。

ここまででいったんまとめると、 20000/1200 ≒ 17
1重量あたり17回復する回復剤が必要ということになります。

これを元にアルケミストテンプレを見ると、実装されたのは最近ながら、中級クラスの回復剤として絶大な評価を得ているおいしい魚が最適。ということに。

LvUPとともに1重量あたりで必要な回復量はもちろん低下していきます。
Zeny効率最高ということで愛用していたにくの重量効率はスプリングラビットcを用いると約8.5とのこと。
このことから、おいしい魚からにく1.5倍へのつなぎとして候補に挙がるのは

・紅ポーション(12.4/W, 0.82/Zeny)
・ミルク(10.5/W, 1.66/Zeny)
・化け物のえさ1.5倍(8.94W, 3/Zeny)

このあたりでしょうか。回復剤を評価するうえで時間効率、すなわち1個あたりの回復量もある程度重要なので、かぼちゃなどは除外しました。正直言うとミルクも微妙なところですが…

最後に、何個積めばいいかということですが、これは簡単です。
おいしい魚の平均回復量が125なので、
20000/125 = 160 最低160個必要ということですが、凄まじい重量効率をたたき出すので200個積んでも大丈夫でしょう。



とりあえず羽耳目指そう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

cronus

Author:cronus
blogIDにも使ってるんでとりあえずcronusってことで
chronosじゃないんですねぇなぜか
ほらあれですよ、ヴィクコア(知るか

Category
Search
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。